Tuesday, September 28, 2021
Homeリスク・不安・税金税金海外FXはどうやって確定申告すればいい?ウェブで簡単にできる!

海外FXはどうやって確定申告すればいい?ウェブで簡単にできる!

海外FXで得た収入にも税金がかかります。
一般的な会社勤めの人は会社がやってくれているめんどくさい作業を自身でやらねばなりません。
しかし、難しいと思われがちですが最近では国税庁管轄のアプリにより、ウェブで簡単に行うことができます。
簡単にできる、確定申告の方法をご案内します。

確定申告が必要かどうかは収入額による

そもそも確定申告は一定の金額に達していない場合は税金を支払う必要がないので、確定申告をする必要がない場合があります。
確定申告が必要な金額のボーダーラインは給与所得者か否か変わります。

「給与所得者」か「個人事業主」かで違う

給与所得者とは、仕事の大家として、会社から賃金を受け取っている人のことです。
サラリーマンやOL、会社役員や公務員、さらにパートやアルバイトも給与所得者にあたります。

個人事業主とは、事業所得や不動産所得などで事業を行う人たちのことを表しますが、フリーランスで仕事をする人たちも個人事業主です。
つまり本業がFXである人も個人事業主にあたります。
専業主婦(夫)がFXでお小遣い稼ぎしている場合も個人事業主ですね。

給与所得者の場合は20万円以下、個人事業主の場合は38万円以下であれば確定申告は不要です。

確定申告はe-Taxで簡単にできる

通常、確定申告は、
必要書類を準備、一年分のデータをまとめる→管轄する税務署に行く→必要書類に記入し整理券を取る→順番が来るまで待つ→確認してもらい提出
この流れで完了します。
確定申告のシーズンになると税務署は非常に混雑が予想されます。
慣れていない人では印鑑忘れや書類不備で家に取りに帰ったり、必要書類が用意できるまで手続きができないままになります。

そんな面倒な確定申告ですが、「e-Tax」を使えば自宅で簡単に手続きができるので安心してください。
e-Taxは国税庁が管轄する公式の確定申告のサイトです。

案内通りに手順を踏めば簡単に確定申告をすることができます。

確定申告をする際に、給与所得者ならば「源泉徴収票」が必要になるので予め準備をしておくようにしましょう。
また、医療費控除のための医療費の領収証や源泉徴収票は記載事項を入力・送信することによって提出が不要になる場合もあり、簡潔に手続きをすることができます。
もし提出が必要になったとしても、サイト内の確定申告後に速やかに管轄の税務署に送付すれば完了となりますのでこの場合でも簡単ですね。

Point:マイナンバーカードがあるとより円滑に確定申告を行うことができるので、時間があれば作っておくことをおすすめします

国税庁管轄・e-TaxのHPはこちら → https://www.e-tax.nta.go.jp/

会計管理ソフト「freee」でさらに簡単になる

会計管理ソフト「freee」とは、クラウド会計ソフトと言われる新しい形式の会計ソフトの一つのソフトウェアです。
非効率的な経理業務を自動的に仕分け処理をしてくれるだけでなく、金融機関と情報を連携しお金の動きを全て記録してくれます。
さらにクラウドで使うソフトのため、アップデートが随時行われ、法律の改定されても反映されるため、新しいソフトを買いなおす必要がありません。

freeeは有料ですが3コースから選べますし、一番手厚いコースでは電話サポートや税務調査時のサポート補償までついています。
慣れるまでは手厚いコースでその都度不安を解消し、慣れてきたら安いプランに変更することもできます。

会計ソフトは通信費として経費に計上することができます。

freeeで超簡単に確定申告ができる

最近ではfreeeで追加料金を支払えば確定申告までできるようになりました。
必要な情報はすべてソフト内にあるため新しくデータをまとめたり、移したりする必要がないため簡単にできるというわけですね。

freeeでの確定申告はすべて質問に答える形式で迷いようがありません。
e-Taxと比べても簡単です。

経費の計上ができるかどうかのボーダーライン

経費の計上は節税のため重要な作業です。
意外と知られていない経費の分野ですが、FXに関するものならほとんどが経費として認められます。

種別内容
環境系FXを行うためのパソコン
Wi-Fi
FXを行うときに使用する椅子
FXを行うときに使用するデスク
周辺機器
FX用のプロバイダー
勉強系
FXについての本の購入
FXのセミナーの参加費
FXについて何かする際にかかった交通費
FXの勉強に使用する筆記用具
FX会社のある国への旅費
投資仲間との食事会の会費
FXの取引取引手数料
FX会社の年会費
ソフトウェアの費用
取引のために借りた借金の利息
その他在宅の場合は光熱費の一部
自宅の一室をFX専用部屋にしている場合は家賃の一部

FXは情報が命です。
投資家仲間との情報交換のための食事会や、運用している通貨のある国の状況を目で確認するために現地に赴くことも調査として有効です。
そのためにかかる費用は基本的に経費として認められますのでしっかり計上しましょう。

必要経費はまとめた金額を入力するだけでOK

各項目ごとにまとめて申告ができるので、合計金額がわかればOKです。
稀に税務証から提示を求められることがあるので、領収証は用途などわかるようにまとめて保管する必要があります。
5年間保管する義務があるので、破棄しないように管理しましょう。

国内FXと海外FXの併用には要注意

国内FXと海外FXでは税制が異なるために完全に分けて申告する必要があるので要注意です。
海外FXは総合課税なのに対し、国内FXは申告分離課税なので申告が別々です。
総合課税とは給与所得や他の所得と併せた総所得金額から税額を決める所得税なのにたいし、国内FXは税率が固定で総合課税とは分離して申告しなければいけません。
税率が違うので確定申告も別ですることになります。

まとめ

昔に比べると確定申告がかなり簡単になりました。
確定申告をしない場合は脱税になってしまいますし、脱税はバレます。
発覚したときに余計な税金を納めることになるので、確定申告は期日までに済ませましょう。
月々にまとめておくと領収証の内容を忘れずに管理できますし、12か月分をまとめるだけなので簡単になるのでおすすめです。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular