Tuesday, September 28, 2021
Homeリスク・不安・税金不安業者が破綻した時にお金を守るためのFX業者選び、より安全に信託保全の業者を選ぶ

業者が破綻した時にお金を守るためのFX業者選び、より安全に信託保全の業者を選ぶ

FX業者が破綻したとき自分のお金を守る為に資産管理方法を確認しよう

信託保全とは海外FXの資金管理方法の一つで、他にも分別管理や共同口座による分別管理という方法があります。

その中で一番安全性の高い資金管理方法が信託保全という方法です。

海外FXでは信託保全が義務ではない

国内FXは法律で信託保全が義務化されているため、多額の証拠金でトレードを行う場合も心配ありません。なので海外のFX業者の信頼性に不安を持っている場合は、FX業者を選ぶ際にも必ず信託保全のある所を選ぶとより安全にFX取引ができます。

信託保全とは、FX業者が倒産した場合でも自分のお金は返金される

信託保全の場合もし使っているFX業者が倒産してしまっても大丈夫なんです。

顧客の資産は信託銀行に預けられていて、信託管理会社や信託管理弁護士の許可なしでは出金ができない為、トレーダーの資産が流用されることなく、倒産してしまった場合は信託管理会社や信託管理弁護士により返金されます。

分別管理はお金が戻ってこない可能性がある

分別管理法は顧客の資産とFX業者の資金を別口座で管理する方法のことなので、どの資金管理方法も大体分別管理の一種です。

ただ分別管理では顧客資産ごと債権者に回収されてしまうことや、FX業者の社員がアクセスできるため顧客資産流用のリスクがないとも言えません。

共通口座の分別管理は弁護士等の第三者の目でリスクを低下させている

共通口座の分別管理法だと、顧客の資産を外部の資金管理者との共同口座で管理するため、顧客資産に不審な動きがないかどうかを第三者(弁護士や国際銀行の銀行員)が確認できるため顧客資産流用のリスクを低下させているのです。

ICF【投資家補償基金】に加入しているかが肝心!!

信託保全をしていても破綻したら預けしているお金が返金されない可能性もあります、そんな時にICFに加入していると、キプロスの金融ライセンスであるCySECの許諾条件をクリアしているので、FX業者が破綻して信託保全をしていなくても一人当たり最大2万ユーロまでの保証を受けられます。

この保証対象は信託保全と同じくトレーダーが入金した金額のみです。

最近は安全面を強化しているが常々の出金が一番大事

海外FXもトレーダーへの保護の部分を強化していて全額信託保全やICFの加盟など一定の安全性を満たすFX業者が増えてきていますが、ここで肝心なのは入金した金額しか保証されないということです、なので利益を出したにもかかわらず破綻されてしまうと利益は返ってきません。

トレードで稼いだ利益はできるだけ早くに出金することが大事です。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular