DD方式

    DD方式とはディーリングデスクの略で、相対取引のことです。

    DD方式は業者が介入せず、インターバンク市場に直結のNDD方式とは違い、トレーダーはFX業者と直接取引を行います。

    トレーダーがドル円を買うとき、FX業者がドル円を売ることで、取引が成り立つ仕組みです。

    つまり、トレーダーが負けた分がFX業者の利益となりますので、トレーダーとFX業者の利益は相反します。

    FX業者のディーラーは直接トレーダーとの取引だけではなく、インターバンク市場に流す場合や、他のトレーダーの取引と相殺させることで、手数料の利益もあげるようにしています。

    DD方式のメリットとしては、スプレッドが0のレベルで狭い点があります。

    インターバンク市場の価格で取引する必要が無いため、市場と違う価格の提示が可能です。

    デメリットとして、市場と違う価格ということは業者有利の価格操作が行われる可能性も0ではありません。

    そして、価格変動が激しいときは「リクオート=約定拒否」が起きる可能性も高く、透明性が低い取引方法です。