Wednesday, June 16, 2021
Home海外FXの特徴・基本海外FXのゼロカット「追証なしでも業者が得する実態」とは?

海外FXのゼロカット「追証なしでも業者が得する実態」とは?

海外FXではロスカットとゼロカットというシステムがそれぞれ存在します。
ゼロカットとはどういうシステムなのかご紹介します。

海外FXの独自のサービスである「ゼロカット」

ゼロカットとは取引でマイナスになってしまった分の口座残高を業者が負担し、ゼロにしてくれるシステムのことです。

ロスカットが取引の損失を一定以上にならないために自動決算するシステムなのに対し、ゼロカットはマイナス分を業者が負担してくれる、いわば「サービス」なのでロスカットとゼロカットは根本的に違います。
さらにロスカットでは追証が発生するので、ロスカットが間に合わなかったり、急激な相場の動きによっては多額の借金を負うことになりますが、ゼロカットでは業者が負担してくれるので実質的な「追証はない」ということになります。

しかし口座によってはゼロカットの細かな取り決めが違うことがあるのでしっかりと確認してから取引するようにしましょう。

国内FXでは日本の法律でゼロカットが禁止されているため、国内FXでは利用できません。

海外FXが率先してゼロカットを導入している理由

ゼロカットは一見して業者にメリットが全くないように見えますが、海外FXの業者はほとんどがNDD方式で行われていることがポイントになります。
NDD方式では投資家が取引をすればするほど業者が利益を得る仕組みになっているので投資家と業者はWin-Winの関係です。
取引が多いほど良いので、投資家が安心して取引できる環境とサービスを提供しています。

では、そもそもロスカットでカバーできるはずの損失ですが、なぜ追証が発生してしまうのか。
それは業者のシステムが相場の変動に追い付いていない為です。
サーバーのスペックが高ければ、そもそもでゼロカットは不要と言えるのです。

サーバーのスペックが高い」+「ロスカットが間に合う」+「万が一のためのゼロカット

このような3つのステップを設けることで、投資家を最大限にサポートをし、より多くの取引を行ってもらえるようにしています。
つまり「追証で回収できない損害やその回収にかかる費用」よりも、ゼロカットによって発生した損害を補填することで”安心”してもらい取引数を増やす」ことが業者にとっても結果的に利益を得る方法になっているということですね。

ちなみに、追証の未払い金は億単位で発生していて、2019年のアップルショックでは約6,400件の未収金が発生しており、およそ8億8千万円の未収金額と言われています。(参考:金融先物取引業協会の調査結果より)
この金額を回収するには一件ずつ、未払金の督促や訴訟を対象者全員に行わなければなりません。
※国内FXでのロスカット等による未収金です。

 

ハイレバレッジでもゼロカットで安心

ハイレバレッジであってもゼロカットの恩恵に変わりはありません。
取引で損失額が1円でも100万円でも同じように、ゼロカットは変わらないです。
さらにロスカットとは違い手数料がないため、リスクなしで借金への不安が解消できますね。
ハイレバレッジとゼロカットがあれば、まさにローリスクハイリターンな取引が可能ということです。

大手どころはゼロカットを採用している

海外FXの大手どころはゼロカットを採用しています。
ここではXM、Axiory、TitanFXをご紹介します。

XM

ゼロカット採用、レバレッジは最大888倍のXMについてゼロカットの実例をご紹介します。

「2015年に発生したスイスフランショック」
5分間で1,600pipsもの値動きが発生した事例です。
この時マイナス残高になってしまった投資家が数多くいたことでしょう。
規模が大きかったため、XMは公式HPでスイス国立銀行による影響を受けていないことと、ゼロカットが施行されていることを正式に発表しています。

ゼロカットシステムが実際に施行された事例があるということは詐欺目的の業者を見分ける重要なポイントにもなりますが、その点XMは安心できますね。

XMのゼロカットについて詳しくはこちら「内部リンク」

Axiory

ゼロカット採用、レバレッジは最大400倍のAxioryについてゼロカットの実例をご紹介します。

「2015年に発生したギリシャショック」
EU離脱についてのニュースの影響でギリシャ情勢が不安定になったことがありましたね。
情勢の不安定さから、対ユーロをはじめとする為替レートの急激な変動や断続的な配信停止、スプレッドの大幅な拡大によりマイナス残高になる投資家が多くいました。
これをAxioryは公式HP説明し、ゼロカットを行った旨を発表しました。

Axioryのゼロカットについて詳しくはこちら「内部リンク」

TitanFX

ゼロカット採用、レバレッジは最大500倍のTitanFXのゼロカットについてご紹介します。

「2015年に発生したスイスフランショック」
XMでもご紹介した通り、TitanFXでも大規模なゼロカットが実際に施行された事例です。

TitanFXでは以前はゼロカットなのに追証があったという評判がありましたが、投資家の勘違いによる噂です。
以前は1名義ごとにゼロカットを適応していたため、複数の口座を持っている場合はすべての口座の合計で追証が発生しないということになります。
しかし現在では1口座ごとのゼロカットに変更されたため、XMなどと同じように取引口座ごとにゼロカットのサービスを受けることができます。

TitanFXのゼロカットについて詳しくはこちら「内部リンク」

ゼロカットで詐欺をする業者がいる

海外FX業者といえど、日本の金融ライセンスの許可を得ている場合は100%ゼロカットを導入していません
断言できる理由は「日本ではゼロカットが違法だから」です。
それはFX業者の安全性とはまた別の話なので業者の善悪は関係ありません。

怖いのはゼロカットを導入していると嘘をつき、追証を請求してくる業者や、口座を凍結させてしまう業者です。
実はこれは詐欺に多い手口なので要注意です。
実際にゼロカットを経験することがないのが取引の理想なので、発覚しづらい詐欺でもあります。
金融ライセンスと口コミを確認し、無名な業者は避けましょう。

まとめ

ゼロカットは海外FXにしかないサービスです。
もし今国内FXで運用をしていて、ロスカットに悩まされているなら海外FXに変更するのをおすすめします。
ハイレバレッジと掛け合わせることで高いリターンを望めますし、追証がないのは投資家にとって夢の話です。
海外FXが投資家と業者がWin-Winな関係だからこそ実現できるサービスなので、ゼロカットがあれば安心して取引ができます

Most Popular