Wednesday, June 16, 2021
Home海外FXの特徴・基本海外FXで資金を預けても大丈夫?資金管理体制について

海外FXで資金を預けても大丈夫?資金管理体制について

海外FXにおいて心配なことは、FX業者に預ける資金管理の安全性についてです。
預けている資金が内部流用や横領でなくなってしまったり、倒産によってすべて差し押さえられてしまうことがあります。
そうならないために、管理がしっかりしている業者で取引したいですね。

あなたの資金の管理体制はどうなっていますか?資金管理についてしっかり把握しましょう。

資金管理体制は大きく分けて2種類

金融管理の体制は「分離管理」と「信託保全」があります。
海外FXでは業者によって管理体制が異なります。
「分離管理」と「信託保全」の仕組みについてしっかり知識をつけ、安心できる海外FX業者を選びましょう。

「分離管理」は海外FXで多く採用されている

分離管理とは、FX業者が口座を複数所有していて、経営資金と投資家から預かっている資金を別口座で管理することを言います。
別口座に管理することで、経営資金として業者が内部で流用することができないですね。
多くの海外FXの業者がこの管理方法を採用しています。

分離管理のデメリット

分離管理のデメリットは、外部機関の監査(チェック機能)がないことです。
「分離管理が本当になされているか」「内部流用をしていないのか」を確認することができないことです。
分離管理をしているといいつつ、実は経営資金と同じように資金の利用があっても、投資家からは確認できません。
さらに、海外FX業者側が倒産したときには、FX業者名義の資産がすべて差し押さえられてしまい、投資家の取引資金もすべて差し押さえられてしまうというリスクがあります。

中には、そのリスクから投資家の資金を守るために「資金保険」をかけている海外FX業者があります。

内部流用を防ぐ目的で採用される「資金保険」とは?

資金保険とは、資金を守る保険で、業者が加入する保険です。
分別管理によって投資家の資産が一部差し押さえられてしまっても、保険で投資家に資金を返還することが可能になります。
補償限度額は加入している保険の内容によるので要チェックですね。

国内FXの強味ともいえる「信託保全」とは?

信託保全とは、顧客の資金を外部の信託銀行口座で管理する体制です。
実際に資金管理をするのは、信託管理を委託されている外部機関なので、顧客の資金を内部流用されてしまう心配がありません。
さらに、業者が倒産してしまうような事態になったとしても、顧客の資金は信託銀行から顧客へと速やかに返還される仕組みなので、安心して資金を預けることができますね。

日本では信託保全が義務付けられているので、国内FXの資金管理体制は信用度が高いといえます。
しかし、必ず全額が補償されるわけではありませんので、補償については各業者にて内容を確認してくださいね。

次に紹介するのは、信託保全の種類についてです。

「一部信託保全」と「完全信託保全」

信託保全は、一部信託保全完全信託保全があります。

完全信託保全とは、顧客の資金を全て信託銀行で管理することです。
資金が完全にFX業者から切り離されているので、業者の内部流用が不可能で、顧客資産の安全性が非常に高い仕組みといえます。

一部信託保全は、完全ではなく一定の資金の信託保全で、補償金額を超える分についての返金は保証されません。

各国の規制により管理が複雑化してしまうために海外FXでは完全信託保全にすることが難しく、海外FXでは一部信託保全が多いのが現状です。
「完全信託保全は海外FXの今後の課題である」と言えます。
管理体制が簡単になれば、海外FXで完全信託保全が実現できるかもしれませんね。

大手である「XM」は分離管理と資金保険

海外FXの人気ランキングで上位にくいこむ「XM」では、分離管理+資金保険での管理方法を採用しています。
大手であるがゆえに、完全信託保全が実現できないのかもしれません。
投資家が選ぶべきなのは、投資家の資金をしっかりと管理し、保護してくれる業者ですね。
その点ではXMは最善の管理方法を実現しているので、取引するには申し分のない業者と言えるでしょう。

まとめ

大きな金融危機があると突然会社が破綻してしまうこともあります。
そのため自分の資金が業者によって「どのように管理されているのか・どこまで補償されるのか」を把握することは非常に重要なこと。
近年、分離管理でも資金保険をかけて投資家資金の保護に努めようとする海外FX業者が増えています。
海外FXは以前よりずっと安全に取引できる環境になっていると言えますね。
また、資金管理体制は変更されることがあるので、利用している業者の管理体制はこまめにチェックするといいですね。

Most Popular