Sunday, October 24, 2021
Home海外FXの特徴・基本海外FXのOCO注文とは?MT4/MT5での注文方法を解説!

海外FXのOCO注文とは?MT4/MT5での注文方法を解説!

海外FXの注文方法の一つであるOCO注文の基礎知識から、MT4/MT5での注文方法を「PC版」と「スマホ版」それぞれ解説します。
OCO注文ができるようになれば、取引の小さなストレスから解放され、取引の幅が広がること間違いなしです。
まだOCO注文についてよくわかっていない方は是非ここでマスターして実践していきましょう。

OCO注文とはどんな注文方法なのか

OCO注文は2通りの注文を同時に行い、片方の注文が成立した時点でもう片方の注文を自動的にキャンセルすることができる注文方法です。
たとえば、新規注文でのOCO注文のとき、110円時点で「112円で売りエントリー(利確)」と「108円で買いエントリー(損切)」というようにOCO注文を行います。
実際にレートが動き、112円になった時に「112円で売りエントリー(利確)」が成立しますね。
そうなると「108円で買いエントリー(損切)」が自動キャンセルされるので、112円で売りエントリー(利確)のみの結果が残ることになります。

因みにOCOはOne Cancel Otherの頭文字をとって呼ばれています。

保有中のポジションに決済指値と決済逆指値を指定することでOCO注文を成立させることができます。
そのため、OCO注文の際には次のことに気を付けてください。

メリットとデメリット

OCOメリットデメリット

【メリット】

【解説】
トレンド中はどうしても利益を深追いしてしまいがちですが、利確の見定めは初心者には非常に困難なことでもあります。
しかしこのOCO注文をしておけば、自身の「もうちょっと」という気持ちの抑制にもなりますね。
また、長期トレードと短期トレードでも自由に幅が決められるので状況に応じて設定が可能な面では非常に心強い注文方法です。

【デメリット】

【解説】
さまざまなサイトでこのようなデメリットが紹介されていますが、本当にデメリットでしょうか?
確かにトレンドが発生しているときに勝手に利確されてしまうと「損をした気持ち」になることでしょう。
しかしそれはプロトレーダーにとってはマストなことです。
トレンド入りして利確しなきゃよかった…というのはあくまでも結果論で、大事なのは勝率などのデータにあります。
では具体的な例を挙げつつ解説します。

OCO注文の勝率を上げる運用方法

先ほどの利確と損切についてですが、プロトレーダーが重要視しているのは一つの取引の勝ち負けではありません。
OCO注文の利点は「一番利益のでる利確のパーセンテージを決めて勝率を上げていく設定を見つけること」です。

では具体的な例をご紹介します。

A:利確「8pips」、損切「10pips」で設定された勝率70%の注文
B:利確「6pips」、損切「10pips」で設定された勝率80%の注文

この二つのパターンで10回トレードして、確率通りの結果が得られたとします。
するとこうなります。

A:利益「8pips」×7=56pips、損益「-10pips」×3=30pips、合計26pips
B:利益「6pips」×6=48pips、損益「-10pips」×2=20pips、合計28pips

このように、利確の幅が少ないが勝率が高い注文の方が結果が有利であるということがわかりますね。
自分のトレードスタイル・利幅・損切・勝率に合わせて利益をコツコツ積み上げることが「稼ぎ続けるポイント」であり、そのための注文方法として敢えて制限をかけるのがOCO注文の正しい認識であると言えます。

一般的に言われるOCO注文のデメリットが本当にデメリットなのかどうか、ここまで読んでいただいた方にはもうわかることだと思います。

OCO注文をするときに気を付けること

OCO注文をする際に気を付けるべきことは、エントリーされたレートに達しないといつまでたっても成立されない状態が続くということです。
たとえば、「110円スタートで、150円になったら利確にしよう」とOCO注文をだしても、よっぽどのトレンドがない限りは成立しません。
あまり注文時からかけ離れたレートを設定するのはおすすめしません。

MT4/MT5での注文方法

海外FX口座に人気のプラットフォームであるMT4/MT5でのOCO注文方法を解説します。
通常のOCO注文は新規エントリー時と決済時の両方で利用可能なことが多いですが、MT4/MT5では決済注文にのみ利用することができます。
以下がOCO注文の手順です。
PCとスマホで注文する手順が異なるため、どちらもご紹介します。

【PC版】MT4/MT5

【スマホ版】MT4/MT5

※ストップロス→損切、テイクプロフィット→利確

MT4/MT5で快適な取引を実現しよう

プラットフォームを初めて利用する方からすると、口座毎にプラットフォームが違うのはストレスになります。
しかしMT4/MT5は一度覚えてしまえば大抵の海外FX口座で設置されているためノンストレスで取引を始めることが可能です。
また、海外FX口座で特に人気の高いプラットフォームでトレーダーからの評価が高いで安心して利用してただけることでしょう。

当サイトがおすすめしている海外FX口座にも、もちろん取扱いがあります。
あなたも今日からMT4/MT5で快適なFX取引をはじめてみませんか。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

今、10周年で一番作っておきたい老舗海外FX口座

AXIORY

メイン口座に使いたい安定感
玄人向けながらも使えばわかる
絶大な好環境に脱帽

当管理人もメインで使う、秘密にしたいおすすめ口座

TitanFX

NDDなのに低スプレッド
スキャルピングや短期売買系の
EAトレードにおすすめ

Most Popular