Tuesday, September 28, 2021
Home海外FXの特徴・基本発注方式STP口座ECN口座の違いとメリットデメリットのまとめ

発注方式STP口座ECN口座の違いとメリットデメリットのまとめ

ECN方式とSTP方式の口座の違い

この二つの口座は何が違うのか

ECN方式の口座とSTP方式の口座はまずトレードするときのコストが違います、ECNはスプレッドに加えて手数料もかかります、STP方式はスプレッドしかかかりません。ECN方式はスプレッドと手数料ですがスプレッドの幅が小さいです。

この二つの口座がどのようにしてスプレッド(料金)を取っているのか、詳しく説明します。

ESN方式の口座は手数料とスプレッドがかかる

ESN方式の口座は【電子取引所取引】のことを言います、電子取引市場はインターネット上の中立な取引を行う場所で、トレーダーからコンピューターの処理により売買がマッチングされる仕組みになっています、ようは同じ価格の買いと売りの注文をマッチングさせているということです。

トレーダーが注文した価格をマッチングさせているのでスプレッドは低いのですが、海外FX業者の施設取引所に直結して為替を取引をするため、ECNへのアクセス費用として取引手数料がかかるのです。

ESN方式がおすすめの人

ECN取引がおすすめな人は10万通貨以上の高額取引単位でトレードする人や、経済指標発表した時にトレードをしたりする人、スキャルピング(短期取引)がメインの方にもおすすめです。

STP方式の口座はスプレッドがかかる

一方STP方式の口座は発注から売買成立、決済までの過程を人の手を介さずに電子的に取引が行われます。

なのでFX業者も一切売買に関与はしないのですが、その代わりにSTP口座だとリクイディティプロバイダー(銀行などの金融機関)が提示した価格の中から、一番安いレートにスプレッドを上乗せしてトレーダーにレートを表示しています。

STP方式がおすすめの人

なのでSTP取引がおすすめな人は初心者やトレード経験の少ない人や、レバレッジを高めに設定してトレードをしたい人等におすすめです。

ESN方式とSTP方式のメリット・デメリットまとめ

ここでこの二つの発注法のメリット・デメリットを比べてみます。

ECN取引のメリットは約定力が高いこと、そして板情報で価格が確認できることですね。板情報で注文量が確認できるのは大きな利点でもありますね。

デメリットは、やはり皆さん気にされるのは最大レバレッジが低いことでしょうかECN取引は500倍までしかできません、あと取引通貨数量です、最低取引ロットが一万通貨とということなので高めですね。

STP取引のメリットは取引手数料がないこと、ハイレバレッジでトレードができる(888倍や1000倍でもトレードできます。)、そして取引通貨数量が低めに設定してあるため資金面的にも参入しやすいですね。

デメリットは、取引手数料がない代わりにスプレッドが広いこと、板情報が見られないことです、国内FXで板情報を見ながら取引をしてきた方は最初慣れるまでが苦労してしまいます。

メリット・デメリットはどんなものにもあります、自分に合った方法・方式を使ってFXトレードしたら効率やストレスも少なくできるので、まだ試していない方法もどんどん使っていきましょう!

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular