Tuesday, September 28, 2021
Home海外FXの特徴・基本DD方式とNDD方式ではどちらが有利か、実は使い方によって違う

DD方式とNDD方式ではどちらが有利か、実は使い方によって違う

FXで何を重要視するかで変える取引方式

DD方式とは-トレーダーの損失で業者に利益が生まれる

国内FXで多くのFX業者が採用しているDD方式(相対取引)は、トレーダーからディーラー(FX業者)からインターバンク市場(銀行)という流れになります。

このDD方式ではディーラーが注文状況や市場の様子を考慮し、反対売買等でヘッジをしながら裁くのでDD方式では顧客とブローカーは利益相反関係になるため、顧客が損失を出すことで利益になります。

DD方式は危険と言われるが、実は安定性がある

DD方式は危ない、不透明で意図的にスリッページされてしまうといわれていますが、自分で売買判断している以上その点での不利有利はないといえます。

特にコストで言えばNDD方式よりDD方式のほうがスプレッドとレートの安定性があります、会社にもよりますがスプレッドの広がり具合に関して言えばもともとのスプレッドが狭いDD方式のほうが有利といえます。

NDD方式とは-トレーダーが取引をするほど業者に利益が出る

一方海外FXではほとんどのFX業者がNDD方式を採用しています、NDD方式(インターバンク直結)はトレーダーから仲介(FX業者)からインターバンク市場(銀行)という流れになります。

NDD方式ではFX業者の介入がないため、FX業者の利益はスプレッドのみですので、トレーダーが取引をすればするほどFX業者には利益が生まれる仕組みになっています。

なのでNDD方式はFX業者が利益を生むためにトレーダーに儲けてもらい、取引量を増やしてもらうことがFX業者の狙いですね。利益相対関係のDD方式とは全く違います。

NDD方式はコストがかかるが、約定力が高い

NDD方式は、コスト的にはデメリットもあるのですが、その代わりに約定力が高いのです!

インターバンク直結型なので、成り行き注文を出した際に表示されている為替レートで成約がしやすかったり、注文を出してもなかなか通らない約定拒否が起きにくいのです。

まとめ

基本的にはこの方式だと不利、ということはないのです。どちらの方式もそれぞれのメリット・デメリットはありますが、そこを理解して自分に合って有利になると思う取引方式を決めて取引しましょう。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular