Sunday, October 24, 2021
Home海外FXの特徴・基本業界歴7年の海外FXトレーダーがおすすめする、全てのFXトレーダーが海外FX口座を利用するべき4つの理由

業界歴7年の海外FXトレーダーがおすすめする、全てのFXトレーダーが海外FX口座を利用するべき4つの理由

まだ国内FXの厳しい環境で消耗しているのですか?
時代はグローバル、FXもグローバルスタンダード。
できるトレーダーは思考を停止せずに「一番いい選択」を常に心がけています。
「何となく怖いから、不安だから、怪しいから・・・」と正しい情報を得ずに貴重なチャンスを無駄にしていませんか?
FXで儲けるためにはこつこつと小さく積み重ねつつ、ここぞという大チャンスを逃さないことも大切です。
そんな時に「本当に信頼できる」口座選びをしていなくて後悔をしないためにも、海外FX口座を開設し、リスクヘッジとローリスクハイリターンの環境を手に入れる時が来ました。
いつ口座開設するの?いつFX始めるの?
それはこの記事を読み始めた今しかありません。
多くのトレーダーがこれ以上「もったいない」を積み重ねないために、私のありとあらゆる知識をご提供させていただきます。

海外FX口座を使うこれだけのメリット!

国内では絶対にできないゼロカット

まず海外FXといったらハイレバレッジを想像する人も多いでしょうが、
海外FXの真の魅力は「ゼロカット」にあります。

ゼロカットとは

取引の際に発生した損失が、口座の資金以上になった場合、「追証」とよばれ、マイナス分の資金を支払う必要があります。
100万円持っていて、120万の損失が出てしまった場合、20万円分払う必要があるのですが、ゼロカットではこの20万円分の追証を0にし、取引を再開することが可能です。
万が一があった際に、借金生活になることが絶対にない魅力的な制度ですね。
しかし、このゼロカットは国内のFX口座では法律で制限されており、実装は100%不可能です。
これはゼロカットが悪いのではなく、「公平な取引」を確立するための一つの手段として制限されています。
ゼロカットのように「損失を補填する」と、金融取引からギャンブル要素がでてくるなど、法律を作っていく上での様々な要因や歴史があり日本ではゼロカットを制限しています。
そして、ゼロカットを制限しているので、レバレッジも25倍に制限し巨額な負債が発生しないようにしているのが日本の金融ライセンスの仕組みです。
逆に海外の法律ではレバレッジに規制が無いため、逆にゼロカットを義務付けている国も存在します。
「損失補填をせずにレバレッジ規制をし、純粋な取引のみをさせる」か
「ハイレバレッジ+ゼロカットで幅のある自由な取引をさせる」かのコンセプトの違いというわけですね。
この記事を読んでいるトレーダーのあなたがどちらを取るかは問うまでもないでしょう。
ゼロカットとハイレバレッジによってローリスク・ハイリターンの夢のような環境を手に入れることが可能です。

ゼロカット0、追証0を目指すために海外FX口座はハイスペックを提供

そもそもどうして追証が発生するのでしょうか?
口座の資金が0以下になる前にシステム側で決済すれば追証は発生しないはずです。
追証が発生するのは相場が激しく変動する時です。
例えばドル円が大暴落しているとします。
価格は数円単位で下落するとき、売りも買いも大量の注文がはいります。
大量の注文は大量のデータ・アクセスが発生し、サーバーのスペックが足りないとこの注文をさばききれない為、決済までに数秒のタイムラグが発生します。
このため、口座残高0円で決済させようにもその数秒の間に価格は下がり続け、追証が発生してしまうのです。
これは自らが損失に対する予約注文をしていても発生します。
そうです、追証はFX業者のスペック不足が大きな要因です。
つまりサーバースペックを高めれば決済までのラグが少なくなり、口座資金がマイナスになる前に強制的に決済させることが可能です。
故に海外FX口座はゼロカットをできる限り実施しないために、ハイスペックなサーバーを提供しています。
これにより、普段の取引でも約定率の高さ、スリッページの少なさとして享受可能です。
ユーザーはハイスペックなサーバーで安定した取引とゼロカットによる万が一を防げ、業者は追証を発生させないことでゼロカットで損失を補填する必要がありません。
しかし国内FX業者では低スペックなサーバーで決済が遅れたとしてもトレーダーに請求できるため、良いサーバーを用意する必要はありません。
この業者の考え方の違いは日々の信頼あるトレードの為に大切なのはトレーダーの皆さんなら理解できるでしょう。
ゼロカットはただ単純に追証を0にするだけではなく、副次的に信頼のあるトレードを提供する保証としての機能もあるのです。

NDD取引で更なる信頼を保証
これを知ったら国内FX口座は怖くて使えない・・・

ゼロカットの有無により、大きく信頼の差が表れる形となりましたが、海外FX口座と国内FX口座では更なる信頼の差があります。
それがNDD方式かDD方式かの違いです。
NDD方式とは「Non-Dealing Desk・インターバンク直結」のことで、
ディーラーを介せずに直接銀行と注文をやり取りをするシステムです。
逆にDD方式とは「Dealing Desk・相対取引」のことで、
FX業者のディーラーが注文を銀行・市場に流すか、業者内で完結させるかを操作します。
DD方式ではトレーダーが負けそうな場合、その取引の相手を業者が受けることにより、トレーダーの損失分丸々を利益として業者が受け取ることが可能です。
これにより売り上げがあがるので、手数料を安くすることが可能なのです。
このDD方式トレーダー側からすれば特に問題ないように思えますが、様々な黒いうわさが絶えません。
例えば、
「提示している金額が実は銀行の価格と大きく来なるパターン」
「業者側に不利な取引の場合は約定拒否」
などが行われていたとしてもこちらからは確認のしようがありません。
もちろん健全な取引を行い、利益を上げている業者もあるでしょうが、わざわざリスクを取ってまで利用するメリットはありません。
当サイトで紹介している海外FX口座は全てNDD方式であり、インターバンク直結の為信頼があります。
また、トレーダーが負けた方がありがたい国内FX口座と、トレーダーに勝ち続けて多くのトレードをしてもらう方がありがたい海外FX口座ではどちらで取引した方がよさそうなのかは一目瞭然ですね。

ハイレバレッジの真の価値は低リスクな部分にある
ハイレバレッジの理解がプロトレーダーへの一歩

海外FX口座を使うべき4つの理由の最後の一つがみなさんご存じのハイレバレッジです。
XMは888倍、他口座も400倍など、国内FXの25倍と比べるとはるかにハイレバレッジで、多くの金額を取引できる!と思いますね。
しかし、ハイレバレッジは多くの金額を取引できると考えのは間違いではありませんが、真のプロトレーダーの考え方は一味異なります。
たとえどんなにハイレバレッジであっても、失っていい資金の金額は決まっています。
それは25倍であろうと500倍であろうと10万円の損失は同じ10万円の損失です。
ハイレバレッジというと、こう考えるのではないでしょうか?
例:1ドル100円USD/JPY購入の時
レバレッジ25倍なら2万円で0.05lot、1pipsあたり50円の損益、400pips=4円の値動きで資金は0円に
レバレッジ500倍なら2万円で1lot、1pipsあたり1000円の損益、20pips=0.2円の値動きで資金は0円に
と考え、少ない資金で大きな金額を購入できるが、資金が底をつくのも一瞬です。
しかし、ハイレバレッジの本当のとらえ方は以下のように考えます。
例:1ドル100円USD/JPYを1lotを購入した時→1pipsの値動きでの損益は1000円
レバレッジ25倍なら必要資金は40万円
レバレッジ500倍なら必要資金は2万円です。
自己資金が100万円あった場合、10pips動こうが、100pips動こうがレバレッジにかかわらず損失額は変わりません。
自己資金が100万円ある場合、レバレッジ25倍だとほぼ半分の40万円を使うので、これ以上の購入はさけたいですが、
レバレッジ500倍の場合はもう少々リスクを増やして10万円分の5lotの購入をしてもそこまで資金は圧迫しません。
このようにハイレバレッジはリスクが高い!とはとらえずに、
「自己資金に対しての必要証拠金が少なくすむ」
「自己資金に対してのリスクレベルを自由に設定できる」
というのが正しいとらえ方であり、むしろチャンスには大きく動くこともできる戦略の広さが魅力なのです。
もちろんそのチャンスが逆に大きな損失を被ることもありますが、最悪の場合ゼロカットもあるのでローリスク・ハイリターンでチャンスをつかめるといっても過言ではありません。
これが真のハイレバレッジの魅力であり、海外FX口座を選ぶ魅力でしょう。
できるトレーダーこそ自信の資金と損益のバランスを正しく把握し、投資する額を調整するのです。

貴方の不安に対して徹底アプローチ
これで作らないならセンスがない!

ハイレバレッジは危険?借金になる?

前述したようにハイレバレッジリスクのコントロールが可能となるシステムであり、ひたすらリスクが上がるようなものではありません。
また、万が一の大きな値動きの場合、ハイレバレッジであるかどうか関係なく資金以上に損失を被る可能性は0ではありません。
しかし、海外FX口座であればゼロカットでマイナス分を0にしてくれるので、万が一の場合でも借金になることはないでしょう。
むしろ国内FX口座の方が危険であり、実際にスイスフランショックなどでは数百万、数千万円の借金を負った国内FXトレーダーの阿鼻叫喚が響き渡りました。

スプレッドが広いから手数料が利益が出しにくい

本当にスプレッドが広いと利益が出しにくいのでしょうか?
具体例を用いて計算してみます。
仮に2万円分を国内25倍、海外500倍で購入し、2pipsの値動きがあったとしましょう。
わかりやすいように国内は0pips、海外は1pipsのスプレッドと考えます。
1ドル100円の時1万円で買えるのは
国内:0.05lot,1pipsの利益50円
海外:1lot,1pipsの利益1000円
2pipsの値動きなので、
国内は2pips-0pips×50円=100円
海外は2pips-1pips×1000円=1000円
となり、同じ資金を用いた場合でもなんと10倍もの差があります。
同じ金額で比べるのは先ほど申し上げたようにリスクの観点からはナンセンスですが、10倍の差ということは1/10の資金でも同じ利益を出すことが可能ですね。
以上のように、スプレッドが広いからといって利益が出しにくいということはありません。
また、海外FX口座、特にXMでは多くのボーナスやポイントの還元があり、その金額も計算するとさらに差が縮まります。
たとえばXMではXMPという取引に対して付与されるポイントがあり、これが約0.5pips分の価値があります。
また、入金50万円分のボーナスを現在キャンペーンで実施しており、これは約555lot分の取引手数料に相当します。
さらに海外FX口座はスリッページの少なさ、約定力の高さを売りにしており、安定したトレードが実現可能です。
利益も出せて実質手数料も実は狭いため、海外FXはスプレッドが広いというのは表向きの安易な情報ということです。

出金拒否されるのでは?詐欺業者もあるのでしょ?

海外FX口座といっても数多くの口座が存在し、残念ながら中には詐欺業者も多く存在します。
しかし、その多くは魅力的なボーナスや手数料で顧客を集めていたり、比較的新しい口座であることが多いです。
また具体的に出金拒否された情報も多く出回っています。
レビューサイトには怪しい口座も紹介されていることもあり、一概にサイトで紹介されているから安心ではありませんが、
当サイトで紹介している3口座は10年以上の運用実績があり、多くのトレーダーが実際に利用・紹介しています。
金融ライセンスの有無、出金拒否の有無なども徹底して調べており、心からおすすめできる口座のみをご紹介しております。
それゆえにAXIORYやTitanFXはキャンペーンを行っていない硬派な口座をおすすめしているのも、海外FX口座の魅力はキャンペーンやボーナスではなく
安定したトレードができる高スペックなサーバーでハイレバレッジを活かしたローリスクな取引が実現可能なためです。
奇麗な見た目のいい言葉だけを鵜吞みにせず、確かな情報を手に入れれば海外FX口座でも特に問題はありません。
逆に国内のFX口座でも詐欺口座は多く存在しており、大手がわかりやすいので騙されることは少ないですが危険性は0ではありません。
XMでの出金拒否などの情報も0ではありませんが、当サイトの調査上具体的に100%XMの拒否は見受けられません。
よくある出金拒否としては「入金方法・額に対する出金方法の限定」です。
具体的に説明すると、
クレジットカードで50万円入金し、取引。利益が出たので100万円分出金するとします。
この場合、クレジットカードでは50万円分しか出金ができず、それ以上の金額は銀行送金でしか出金ができません。
これは少しでも送金周りの手数料を下げるためのシステムですが、複雑なため「出金拒否された!」となっている方を見かけます。
また、ボーナスも出金できるボーナスとできないボーナスがあることや、昔は銀行送金も海外送金だったため、口座情報を正確に入力できていないことにより数カ月資金が宙に浮くこともよくありました。
こういった「正しい知識」が無い状態で出金拒否されて「騙された!」となる気持ちもわからなくはありませんが、
この記事を読んでいる優秀なトレーダーの皆様には問題はありませんね。
日本語でのチャット・電話サポートも充実しているので、何かあった場合も問い合わせれば丁寧に対応してもらえるので安心です。

あらゆるリスクに備える、勝つための必勝マニュアル

ここまで読んでいただいたあなたは、今すぐにでも海外FX口座を作りたいと思っているでしょう。
そんなあなたに特別なオファーをご提案いたします。
口座を作って、いざ取引開始!1月で資金がなくなった!
約90%の方がそうやってトレードをやめていくのみてきました。
たとえどんなにいい環境をそろえようとも、トレードの基礎がなければ意味がありませんよね。
そんな初心者の方のために、一番基礎的なトレードのやり方をご紹介します。
このマニュアルを踏まえた取引をすれば、約90%のトレーダーが1か月で消えていく中、中長期にわたってトレードを行うことができるでしょう。
資金が0になってしまうこともあるかもしれませんが、よくわからないまま無くなるのではなく、確実に経験として培い、次に生かせる方法をまとめました。
FXはゼロサムゲームであり、素人は簡単に市場に搾取され、淘汰されていきます。
全ての取引で必ず勝てるということはありませんが、
貴方が汗水たらして必死に用意した資金を「なんとなく」で喪失してしまうことがないよう、心からお祈り申し上げます。
口座開設はまとめて行ってしまうと管理・運用が楽なので、作るのであれば一気に作るのをおすすめします。
どの口座も無料で簡単に解説可能ですので、必要書類を用意してまずは口座を作ってみましょう。

口座開設後に以下の問い合わせフォームからご連絡いただくと、先着100名様に必勝マニュアルを配布しております。
皆様のご連絡をお待ちしております。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

今、10周年で一番作っておきたい老舗海外FX口座

AXIORY

メイン口座に使いたい安定感
玄人向けながらも使えばわかる
絶大な好環境に脱帽

当管理人もメインで使う、秘密にしたいおすすめ口座

TitanFX

NDDなのに低スプレッド
スキャルピングや短期売買系の
EAトレードにおすすめ

Most Popular