Tuesday, September 28, 2021
Home海外FXの特徴・基本海外FX「取引手数料」と「スプレッド」の関係性とは?

海外FX「取引手数料」と「スプレッド」の関係性とは?

FX取引において、取引に応じて支払う必要のある「取引手数料」がある場合とない場合の違いについて理解をしていますか?
手数料がない分お得になるという考え方では理解が不足しているかもしれません。
取引手数料についてしっかり理解をすることで税金対策に活用することもできるので、是非理解を深めて取引を行ってください。

どちらも同じ「手数料」である

知らない人も多い、「取引手数料」と「取引手数料がない場合のスプレッドの一部」は同じ「手数料」です。

「取引手数料あり」→スプレッド+取引手数料

「取引手数料なし」→スプレッド+上乗せスプレッド

それぞれについて詳しくご紹介します。

取引手数料あり:取引手数料とは取引量に応じて決まる

取引手数料とは一定の取引量に対して設定された手数料のことで、口座により金額が異なります。
平均では1lotあたり5ドル程度の手数料です。
基本的には片道分の手数料で、売って買う(もしくは買って売る)ような往復の場合には10ドル程度の手数料となります。

ちなみに取引手数料はレートの動きに関係なく取引量に応じて発生する手数料なので分かりやすい点がメリットです。
他にもメリットがあるので後程紹介します。

取引手数料なし:スプレッドには手数料分の上乗せがある

スプレッドとは「売値」と「買値」の差のことで、この差を利用して利益を得ます。
取引手数料がない場合は市場の生のスプレッドに対し、スプレッドを上乗せすることにより利益を回収しています。
つまり上乗せされたスプレッドは手数料と同じ意味を持つことになります。
そのためスプレッドが広いのは手数料が多くかかっているため、狭い方がお得ということになりますね。

また、取引手数料とは違い、スプレッドは変動するので狭い時もあれば広い時もあり、分かりにくいです。

取引手数料は経費にできる

FXの確定申告で見逃しがちなのが「取引手数料を経費にする」ことです。
実はFX取引においての取引手数料は経費として計上することができます。
この経費計上こそが、手数料と上乗せスプレッドの大きな違いです。

スプレッドは経費として計上することができないため、節税をするなら取引手数料を支払った方がお得になります。

口座によって手数料の設定が違う理由

代表的な口座はSTP方式であり、STP方式では手数料がかかりません。
その代わりにECN方式よりもスプレッドが広く設定されます。
取引手数料なしの口座が必然的にSTP口座であるとわかります。

ECN方式の口座では取引手数料がかかります。
その代わりにスプレッドが狭く設定されています。
取引手数料ありの口座が必然的にECN口座ということになります。

これは取引方式の仕組みに大きく関わります。

ECN方式は他のトレーダーと直接取引をする取引方式である

ECN方式はSTP方式と違い、他のトレーダーとインターバンクを通じて直接取引をすることができるためスプレッドが狭く、さらに最も有利な取引をマッチングさせることが可能な取引方式であります。
そのためにかかるコストとして取引手数料が発生します。
つまり、STP方式ではスプレッドの一部がブローカーに、ECN方式では取引手数料がブローカーに支払う形になっています。
口座によって手数料の設定が違うのは、単純に取引方式が異なることが理由ということですね。

【ECN方式編】海外FXのNDD方式とは?「STP方式とECN方式」の基本

おすすめ海外FX口座3選

当サイトがおすすめする3口座にはとSTP方式・ECN方式のそれぞれの口座が設置されているため、好みの手数料の形で取引することができます。

XM

STP方式はマイクロ口座とスタンダード口座で取り扱っています。
ECN方式はZero口座で取り扱いをしています。
またスキャルピング向けの口座はECN方式を採用しているZero口座で、スプレッドも狭く設定されています。

海外FX「XMのZERO口座」はスキャルピングに向いている!

AXIORY

STP方式はスタンダード口座で取り扱っています。
ECN方式はナノ口座・テラ口座の2つの口座で取り扱いがあります。
5年ぶりに新設されたテラ口座では人気のMT5 に対応してる専用口座となっています。

【AXIORYニュース速報】5年ぶりの新口座「テラ口座」リリース!

TitanFX

海外FXの中でも比較的スプレッドが狭いということで人気を誇るTitanFXではSTP方式の口座でも狭いスプレッドを実現しています。
STP方式はZeroスタンダード口座で取り扱いがあります。
ECN方式はZeroブレード口座で最狭スプレッドをご体感ください。

海外FX「TitanFXのブレード口座」はスキャルピングに向いている!

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular