Wednesday, June 16, 2021
Home海外FXの特徴・基本海外FXはマイナスになっても借金ゼロ‼ロスカットが遅れる場合とは、なぜそんなサービスがあるのか?

海外FXはマイナスになっても借金ゼロ‼ロスカットが遅れる場合とは、なぜそんなサービスがあるのか?

ゼロカットとは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった時に、FX業者がマイナス分を負担して口座残高をゼロにしてくれるというシステムで、海外FXだけに導入されているサービスです。(一部除く)

ではなぜマイナス分を負担するサービスをしているのかというと、FXトレーダーが最低限のリスクで大きなポジションを保有できるようにするためです。

そうしたらトレーダーも借金の心配をせず取引回数が増えるため、FX業者の利益である取引毎のスプレッドも増え、FX業者の利益もちゃんと出るということです。

FX業者は取引を多くしてもらいたい、そしてトレーダーは借金をしない、という点ですごくいいサービスですね。

ロスカットが遅れる場合とはどういうときでしょうか、そもそもロスカット自体証拠金の残高をFX業者の指定した率以下に下げない為のシステムです。

システムが作動すればゼロカットがなくても借金はしないはずですよね、ロスカットが働かなくなる時間がある、もしくはロスカットされるまでの時間がかかることがあるそうです。

週末の取引停止状態の時間帯でロスカットの場所より進んでしまっている場合、ロスカットは作動してくれません、週明けの営業開始まで待たなければいけないのです。

そういう場合や、急激な為替変動があるとロスカット対応が遅れ、マイナス残高になってしまうのです。

なので、ゼロカットシステムはまさにトレーダーにとっては安全安心のサービスなのです。

ですが、ゼロカットを採用しているFX業者でも、いざ相場の急変動があった時に【ゼロカットできません】ということを行うFX業者もいます。

なのでFXは業者選びも重要になってきます、スイスフランショックの時みたいに、急激な相場変動が起きてもきちんとゼロカットを行ったかどうかなどを調べてFX業者を選ぶことをお勧めします。

Most Popular