Wednesday, April 21, 2021
Home 海外FXの特徴・基本 海外FXのハイレバレッジで危険を回避しながら大金を得るためにすること

海外FXのハイレバレッジで危険を回避しながら大金を得るためにすること

ハイレバレッジは、取引金額が大きくなって利益も損益も大きくなってしまうので、ハイリスクハイリターンではあります。(レバレッジは国内では2010年以降25倍までになっていますが、海外FXでは何百倍もできます。)

例えばドル円が100円だった時に100万円(1万ドル)買うとします。

その時普通のトレードであれば100万円ないと買えないのですが、レバレッジ25倍を使ってあげると4万円の証拠金があれば1万ドルとトレードできます。

それでドル円が110円になった時に1万ドル×10円=10万円の利益になります。

逆に何が危険なの?というと先ほどの例を使っていきます。

すでにドル円100円の1万ドル買っていてドル円が90円になってしまった時、1万ドル×-10円=-10万円の損益になります。

-10万になってしまった場合、証拠金の4万円を失くしてしまうのと同時に-6万円の借金ができてしまいます。

これがレバレッジはハイリスク・ハイリターンと言われる所以です。

海外FXは国内FXの25倍と違い何百倍ものレバレッジが可能です、例えで毎回利益が出るということを前提にリスク考えずにいくら儲けられるのか、計算してみましょう。

ドル円100円としてレバレッジは500倍資金は2万円とします、毎回利幅50pipsで計算します。

1回目は10万通貨の取引なので5万円の利益です、2回目は35万通貨の取引で最初の証拠金抜いて22,5万の利益です。4回目で利益は297万になりました、そして5回目でついに証拠金抜いた利益が1000万円を超えました。

自分の予想が当たりさえすればレバレッジを有効活用できるのですが、なかなかそうもいきません。

これだけしか知らないと、海外FXは国内FXより何倍にもできるからもっと危険‼と思われる方もいると思います。

でも実はそんなことないんです、あれを知っていたら迷うことなんてないのです。

あれとは何ぞやと思っている方は下のリンクに移動してみてください。

ゼロカットシステム~万が一FXでマイナスになっても借金なんてしない~

Most Popular