Wednesday, June 16, 2021
Home各口座の分析XM海外FX口座XMは【STP方式】を採用している?詳しく解説!

海外FX口座XMは【STP方式】を採用している?詳しく解説!

海外FX口座の「XM」のSTP方式について詳しく解説します。
スリッページやリクオートが発生したことがあるから本当はDD方式なのでは?という疑問を問い合わせました。

XMはNDD方式で間違いない

XMでの公式HPでは取引方式について詳しく記載がないことと、スイスフランショックのゼロカット執行の打撃がなかったことで「DDなのではないか?」という不安の声があります。
しかし憶測で考えても仕方がないので問い合わせてみました。

取引方式はNDDですか?
という質問に対して以下のような回答がきました。

弊社は”ディーリングデスク不在”モデルで運用しております。
弊社ではディーリングデスク部門は存在しますが、こちらの部門に所属する弊社社員はお客様の注文執行に一切介在いたしません。
弊社の取引プラットフォームは自動化されたシステムで運用され、すべての注文は弊社の取引プラットフォームにて人的介在なしで自動的に執行されます。さらに、弊社のディーリングデスクの主要機能は、弊社のシステムならびにプラットフォームの円滑な運用を監視することにあります。

DD部門は存在するが、注文執行に一切介在しませんとのことでした。
つまりXMはNDD方式で間違いないです。

STP方式とは?

NDD方式にはさらに2種類の方式があり、ECN方式とSTP方式があります。
STPとは、Straigh Through Processingの頭文字です。
ディーラーを介さない取引を電子的に執行する仕組みのことを海外FXではSTP方式と言います。
一連のプロセスを全て電子化することによって、FXブローカーの意思による影響を受けることがなく、取引の透明性を維持することが可能となっています。

生スプレッドにスプレッドを上乗せすることでFXブローカーが利益を得ているため、取引にかかる手数料はありません。
カバー先のレート(生スプレッド)+上乗せ=投資家への提示レート

STP方式はさらに2つの形式に分岐しています。

①Instant Execution(インスタントエクスキューション)

インスタント式では、FXブローカーが一旦注文を呑みます。
その後、自動でカバー先へ注文をカバーするため、FXブローカーが損をする場合はリクオートの可能性があります。
しかしすぐに決済されるためスリッページの心配がありません。
小口の取引が得意な性質です。
※小口とはここでは10万通貨程度の取引数です。

②Market Execution(マーケットエクスキューション)

マーケット式では自動で投資家の注文をそのままマーケットに流します。
注文をそのまま流すため、決済までに若干のタイムロスが生じ、スリッページが発生することがあります。
しかしリクオートがないのが特徴です。

XMはリクオートなしを謳っている

XMでは公式HPでリクオートなしを謳っているため、②のマーケット式を採用していると解釈できます。
リクオートがない方式がECN方式かSTP方式の②の形式しかありません。
XMでは口座によって、ECN方式とSTP方式を使いわけることで、方式別の良いとこどりをしているのです。

STP方式を採用している口座

ECN方式では手数料が発生するため、XMではZERO口座がECN方式とわかります。
つまりスタンダード口座マイクロ口座の2つの口座でSTP方式を採用しているということですね。

スタンダード口座とマイクロ口座ではリクオートなしで高い約定力を実現できます。
他にも16種類ものプラットフォームを装備し、スマートフォンでも快適に取引できる口座で人気が高い口座です。
また、STP方式では手数料がかからないため、取引手数料を計算する手間もなくストレスフリーに取引することが可能です。

海外FXを始めるならXMがおすすめ

XMはNDD方式を採用していて、口座によってはECN方式とSTP方式を使い分けています。
XMのSTP方式ではマーケット式を採用しているのでリクオートの心配がありません。
取引内容によってECN方式とSTP方式を使い分けることでより上手く運用していくことができるでしょう。
口座の使い分けや複数口座開設ができるXMはその点で安心です。
海外FXをはじめるならNDD方式のXMで口座を開設しましょう。

Most Popular