Wednesday, June 16, 2021
Home各口座の分析XM海外FX「XMのZERO口座」はスキャルピングに向いている!

海外FX「XMのZERO口座」はスキャルピングに向いている!

海外FX口座のXMではスキャルピングができる?
スキャルピングで失敗しないコツも併せてご紹介します。

海外FX口座のXMはスキャルピングに向いている?

海外FXで人気の高いXMでもスキャルピングOKです。
さらにスキャルピングに特化している口座が「ZERO口座」です。

ZERO口座とは?

XMの口座は「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ZERO口座」の3種類です。
そのなかでもスキャルピングに特化した口座がZERO口座です。
ZERO口座は最大レバレッジが500倍と、XMの口座の中では低いレバレッジとなりますが、スキャルピングに向いている他の海外FX口座ではせいぜい400倍ですから、高いレバレッジと言えます。

ZERO口座ではスプレッドがかなり狭く設定されていて、取引には取引手数料がかかります。

取引数(ロット数)通貨表記取引手数料
0.011,000通貨0.05ドル
0.1010,000通貨0.50ドル
0.5050,000通貨2.50ドル
1.00100,000通貨5.00ドル
10.001,000,000通貨50.00ドル

取引手数料は片道5ドル、往復で10ドルかかります。
他の海外FX口座の取引手数料と比較するとやや高めの設定ですね。

取引手数料なら経費として計上できる

ZERO口座以外では取引手数料がないため忘れがちですが、「取引手数料」として支払っている分は経費として計上できます。
1ロットの取引において往復分の10ドルが経費にできるので忘れずに計上しましょう。
スタンダード口座やマイクロ口座では取引において経費にできるものがないので、その時点でもお得感がでますね。

ECN方式で約定率が高い

ZERO口座ではECN方式を採用していて約定力が非常に高いです。
スキャルピングにおいて最も重要なポイントは「スプレッドが狭い」「約定率が高い」ことです。

スプレッドが狭くても約定率が低いと取引が成立できずに機会を逃してしまいます。
スキャルピングにおいての約定率の低さは死活問題なので絶対に抑えたいポイントです。

XMのZERO口座はスプレッドが狭く、約定率が高いのでスキャルピングに向いていると言えます。

スプレッドが狭い「0.0pips~」

最大レバレッジが500倍と、かなり減ってしまいますが、平均スプレッドが0.1pips、往復の取引手数料1.0pipsを足しても1.1pipsとスタンダード口座と比べて狭くなっています。
スプレッドが狭いのは、取引数が多いスキャルピングでは非常に重要なポイントです。

最低入金額が10,000円なので初回のハードルが低く、資金集めのスキャルピングには向いているのです。
また、口座開設ボーナスが3,000円ゲットできるので、10,000円の資金から13,000分の証拠金を保有することができます。
500倍のレバレッジが可能なため、この3,000円はかなり有利になります。

ハイバレッジでコツコツ貯める

高いレバレッジを活用することがかなり有効な手段となります。
ハイレバレッジではロスカットが心配される要因ですが、ロスカットの心配がなくなるコツがあります。

ロスカットの心配を減らすコツとは?

ハイレバレッジが心配される要因にあるロスカットですが、実はしっかり「ルール」を決めて取引をすればリスクがなくなります。
スキャルピングを成功させるには、損切と利確を決めておくこと、そしてそれを厳守することが大切です。
損切ばかりが続くとどうしても焦ってしまうのですが、焦ると変なタイミングでエントリーしてしまうなど、危険を伴います。

スキャルピングのポイントは大きな利益を狙わないことです。
これがなかなか難しいことですが、大きな利益を狙おうとするとタイミングの見誤りやレートの大幅な変動により損益が大きくなるリスクがあります。
するとロスカットされてしまう可能性がありますよね。
スキャルピングでは小さな利益が出る取引を数多くこなすことが重要であり、リスク回避のコツです。

海外FXを始めるならXMの「ZERO口座」がおすすめ

レバレッジが最大500倍
高い約定力と狭いスプレッドは、スキャルピングとの相性が抜群です。
日本語にも対応しているのでサポート体制にも安心できます。
海外FXでスキャルピングをするなら口座開設ボーナスがあるXMがおすすめです。

Most Popular