Tuesday, September 28, 2021
Home各口座の分析TitanFXTitanFXのスリッページリスクはほぼゼロ?約定がミリ秒単位!

TitanFXのスリッページリスクはほぼゼロ?約定がミリ秒単位!

みなさんはスリッページで損をしたことはありませんか?
スリッページは時に利益を増やすことがありますが、大抵は損をしてしまうトラブルの一つですね。
そんなスリッページ被害にあわないためにできる対策をご紹介します。
この記事を読めばすぐにでもスリッページを回避することができるでしょう。

TitanFXではスリッページがないって本当?

結論から言うと、TitanFXでもスリッページが起こる可能性は十分にあります。
ただ、発生率が非常に低いことは確かです。
そもそもスリッページとは約定力の低さが原因であることが多く、その点で言えばTitanFXの約定力は世界TOPクラスのため、約定力で言えばスリッページリスクはほぼないと言えます。
しかしスリッページが起こる要因は約定力の高さの他にもあるため、一概に「約定力が高いからスリッページが起こらない」とは言えないのも事実ですね。
スリッページが発生する要因については後程ご紹介します。

FX業界で最も約定力の高い口座

先ほどお伝えしましたが、スリッページは約定力に大きく関わります。
例えば注文するときに「100.00」だったのに、その一分後には「100.01」になってしまうことがありますね。
この「0.01」の差がスリッページとなるので、約定スピードが速ければ注文したときの「100.00」で約定することが可能ですよね。
つまり約定力が優れているほど、スリッページが起こりにくいということに繋がります。
TitanFXではミリ秒単位の取引で他ブローカーと大きな差をつけています。
その中でもECNテクノロジーは世界最高峰の最先端なテクノロジーで、FX業界で最も約定力の高い口座であることを誇っています。

もし仮にTitanFXでスリッページが発生したときは、必ず要因があり、他のFX口座でも同じようにスリッページが発生しているでしょう。
それほどTitanFXの約定力が高いのです。

脅威の約定力を誇るZeroブレード口座とは

Titan FXのECN環境は、ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に設置されています。Titan FXと提携の銀行とリクイディティ(流動性)プロバイダー間の、強固なネットワークにより、他ブローカーの追随を許さない超高速決済が可能となりました。

《中略》

光ファイバー接続により、Titan ECNと提携銀行及び金融機関の間で低レイテンシのネットワーキングを実現し、最適な取引環境と迅速なデータ転送を保証します。

Titan FX ECNは最先端の発注アルゴリズムにより、市場にあるベストプライスを算出し、お客様のご注文に最適なリクイディティ(流動性)へのアクセスを可能にしました。最先端のECNテクノロジーは、Titan FX Zeroブレード口座でご提供しております。

この文章は、TitanFXの公式サイトから一部抜粋したものです。
つまり、「他ブローカーにも追いつけないほどのスピード」且つ「最先端のテクノロジー」であるということを言っています。
ミリ秒単位で意識している時点でかなりのスピード感を期待できそうで、実際の注文でも数ミリ秒以内に約定することが可能です。

スリッページが起こる要因3つ

スリッページが起こる要因について3つご紹介します。
また、スリッページについてはこちらの記事でも紹介しています。

XMのスリッページリスクはほぼゼロ?業界最高レベルの約定力!

FX業者のインターネット速度が遅い

FX業者のインターネット回線が遅いとスリッページが発生しやすくなります。
(※もちろん自身のインターネット環境も少なからず影響はありますが、自分に原因がある場合には自身の環境を整えれば解決できますね。)
FX業者のインターネットが遅いとサーバーがダウンしてしまうことや、注文がすぐに処理されずに数秒から数分単位で遅れてしまい、スリッページが発生しやすくなりますね。

この問題はミリ秒単位の約定が約束されるTitanFXでは関係ないようです。

売り買い注文のバランスが崩れている

スリッページは、売り注文と買い注文のバランスが崩れているタイミングでも起こりやすくなります。
例えば、売り注文が500件あったとして、買い注文が100件しかない場合を考えてみてみましょう。
NDD方式では基本的にマッチング形式のため、400件の注文がマッチングできずに余ってしまうことになりますね。
その場合には約定すること自体難しくなり、「早い者勝ち」状態になります。
そこで、「注文通り」がかなわない場合でも「約定するため」にスリッページが必要になってしまうケースが多くなります。
つまり売り買い注文のバランスが崩れているときはスリッページが発生しやすいということになります。

FX業者の悪意による操作

これはDD方式でしか起こりえないことで、ディーラーの故意な操作によってスリッページを発生されることがあります。
DD方式の故意の操作についてはこちらの記事をご参照ください。

「DD方式」と「NDD方式」は全く別物!DD取引は危険?

また、TitanFXではNDD方式を採用しているため、ディーラーの操作が介入することがなく、安心して取引することが可能ですよ

スリッページリスクを減らす2つの方法

スリッページのリスクをさらに減らう方法をご紹介します。
いくら約定力の高いTitanFXとはいえ、NDD方式である以上、100%の約定を保証することは今はできません。
そのため少しでもスリッページの可能性を減らすことはリスク回避として必要なことと言えます。

また、特に気にする必要がある経済指標はこちらです。
米雇用統計」毎月第一金曜日
FOMC」年8回開催
日銀金融政策決定会合」年8回開催
欧州中央銀行(ECB)政策金利発表」毎月第1木曜日

※経済指標についての詳しい内容は後日更新します。

スイスフランショック事件

過去にFX業界を震撼させた「スイス・フランショック」をご存知でしょうか?
この時誰もが予想することが出来なかった事件ですが、このとき多くのFXブローカーがサーバーダウンし、多くのトレーダーが被害にあいました。
また、一分のうちに100~1000pipsものレートが変動してしまい、強制ロスカットが発動、ほとんどのトレーダーの口座がマイナス残高になる事態に陥りました。
TitanFXはこの事件の当時にはまだ開業していないため、この時のTitanFXについてをご紹介することはかないませんが、確実に言えることとしては、TitanFXであったとしても、マイナス残高になっていたような事件だったということです。
このような不測の事態もある業界ですが、非常にまれな事例ですから、気にしすぎるのはよくありません。
ただし、このような事件に備え、以下のことをおすすめしています。

FXを始めるなら世界最高峰の約定力のTitanFXがおすすめ

FX取引において非常に重要な要素である約定力が世界最高峰であるTitanFXがおすすめです。
TitanFXはもともとトレーダーが、トレーダーのための口座を作ろうとして立ち上げた会社です。
口座環境はもちろんのこと、高い約定力を生み出すために最先端の技術を取り入れるほか、「どこよりもトレーダーが快適に取引できる」ということを目標にしていて、手数料も安く、サポートも手厚く、快適な環境を実現しています。
初めてのFXならなおさらおすすめできる口座です。
また、日本語の対応はもちろん、リアルタイムで返答が得られるライブチャット式の問い合わせ方法を採用しているため、気になることや、分からないことを即座に解決することが可能です。
是非TitanFXで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular