Tuesday, September 28, 2021
Home各口座の分析AXIORY海外FX「Axioryのナノスプレッド口座」はスキャルピングに向いている!

海外FX「Axioryのナノスプレッド口座」はスキャルピングに向いている!

海外FX口座のAxioryではスキャルピングができる?
スキャルピングで失敗しないコツも併せてご紹介します。

海外FX口座のAxioryはスキャルピングに向いてる?

海外FXで人気の高いAxioryではスキャルピングが可能です。
スタンダード口座よりもスキャルピングに向いてる口座が「ナノスプレッド口座」です。

ナノスプレッド口座とは?

ナノスプレッド口座はスキャルピングにおいて重要な「高い約定力」と「スプレッドの狭さ」を売りにしています。
最大レバレッジは400倍でスタンダード口座と同じです。
スプレッドは狭いですが、別で取引手数料(ECN手数料)がかかります。

取引数(注文数)通貨表記取引手数料
0.011,000通貨0.03ドル
0.1010,000通貨0.30ドル
0.5050,000通貨1.50ドル
1.00100,000通貨3.00ドル
10.001,000,000通貨30.00ドル

この手数料の表は公式から引用していますが、片道分なので、1ロット片道3ドル、往復だと6ドルが手数料になります。

取引手数料なら経費として計上できる

スタンダード口座では取引手数料がないので忘れがちですが、「取引手数料」として支払っている分は経費として計上できます。
1ロットの取引において6ドル(日本円でおよそ620円程)が経費にできる計算です。
スタンダード口座では取引において経費にできるものがないので、その時点でもお得感がでますね。

ECN方式で99.99%の約定率

ナノスプレッド口座ではECN方式を採用しています。
高い約定力を発揮していて、公式でも「約定率99.99%」と紹介があります。
Axioryは約定率を公開していて、約定力の高さが自慢のようです。
約定スピードは驚異の1/1,000秒という速さですから、スキャルピングに特化していると言えますね。

スプレッドが狭い「0.0pips~」

取引回数が多くなるスキャルピングではスプレッドの狭さは非常に重要なポイントです。
公式情報では、ナノスプレッドではスプレッドが「0.0pips~」とあります。
実際の平均スプレッドは0.5pipsと狭く、取引手数料の1ロット往復分の0.6pipsを足しても1.1pipsです。

ハイレバレッジでコツコツ貯める

高いレバレッジを活用することがかなり有効な手段となります。
ハイレバレッジではロスカットが心配される要因ですが、ロスカットの心配がなくなるコツがあります。

ロスカットの心配を減らすコツとは?

ハイレバレッジが心配される要因にあるロスカットですが、実はしっかり「ルール」を決めて取引をすればリスクがなくなります。
スキャルピングを成功させるには、損切と利確を決めておくこと、そしてそれを厳守することが大切です。
損切ばかりが続くとどうしても焦ってしまうのですが、焦ると変なタイミングでエントリーしてしまうなど、危険を伴います。

スキャルピングのポイントは大きな利益を狙わないことです。
これがなかなか難しいことですが、大きな利益を狙おうとするとタイミングの見誤りやレートの大幅な変動により損益が大きくなるリスクがあります。
するとロスカットされてしまう可能性がありますよね。
スキャルピングでは小さな利益が出る取引を数多くこなすことが重要であり、リスク回避のコツです。

海外FXを始めるならAxioryがおすすめ

最大レバレッジが400倍!
高い約定力ち狭いスプレッドはスキャルピングとの相性が抜群です。
スキャルピングをするならAxioryの「cTrader+ナノスプレッド口座」がおすすめです。
cTraderは高性能取引プラットフォームのことで約定スピードがとにかく速い取引ツールです。

みんなが使っている海外FXランキング1位の口座は

XM Trading

日本で一番選ばれている海外FX口座
ボーナスが豊富であり、トレード情報も充実

Most Popular